彼に期待をしないことで復縁を成功に導くコツ

投稿者: | 2016年9月25日

彼と復縁をしようと心に決めると、不思議と色々とやるべきことが頭に浮かんできます。
友人や占いなどからアドバイスを元に自分にできることを着々とこなしていくと、努力次第で彼と連絡が取れる様になるものです。
しかしこの段階で彼に復縁を期待してはいけません。
彼はまだあなたとの復縁に納得している訳ではないのです、最後まで相手に期待せずに復縁を成功させるコツについて紹介します。

別れた原因は100%自分にあると思うこと

復縁行動を取る時には、なるべく別れた時の暗い雰囲気を引きずらない様に彼にアプローチすることが大切です。
あなたが明るく振る舞えば彼も全く無視をするなど冷たい態度は取れなくなるものです。
しかし彼が普通に話してくれるから復縁もできると期待するのは早すぎます。
何故ならば、彼はまだ別れた原因についての解決方法をあなたから聞いていないからです。

復縁行動を取る時には、別れた原因は100%自分にあると思い、彼もそう思って接していると思いましょう。
調子良く復縁を切り出すよりも自分がどの様変わったかを彼に理解してもらい、もう同じ失敗をしないと確信して貰うことが大切です。

メールの返信を催促しないこと

復縁行動を取る上で最初の一歩となるのはやはりメールです。
こちらから送ったメールに彼が返信してくれれば、最悪の状態からは脱していると考えて良いでしょう。
しかしそれから先は決して期待してはいけません。
基本的に冷却期間を置いて最初のメールは「元気ですか?」などの特に重要な内容ではないものにします。
彼も「重要でない」からこそ返信してきているのであり、急に「会って話したいです」と直接的なメールを送ると警戒して返信してくれなくなる可能性があります。

復縁行動中には彼からメールの返信があっても期待しないこと、更にはメールの返信を催促しないことです。
彼の方から何気ない内容のメールが来る様になったら復縁に一歩近づいた証拠です。

会えたとしても急に復縁の話題はしないこと

彼と会えることになったらすぐにでも復縁を持ちかけたいものです。
しかししばらく冷却期間を置いた後では二人の関係は友達レベルになっていて、以前の様な恋人同士のときめきはありません。
会ってすぐに復縁を持ちかけても良い返事は期待できません。
あなたは今まで長い間復縁をする準備を続けてきて、万全の態勢で彼に会うのですが、彼にとっては無防備で単に元カノと会う、というだけの気持ちで来るのです。
お互いの温度差がある時に一方的に結論を迫るのはやめましょう。

別れてから初めて彼と会う時には復縁の話はせずに、会えなかった間にお互い何をしていたのかという報告にとどめましょう。
一緒に話して彼に「久しぶりで楽しかったな」と思わせて、徐々に会える回数を増やしていくのがコツです。

復縁の返事を待つ間も冷静に

彼に復縁を持ちかけてもすぐに返事を貰えないこともあります。
彼が「考えさせて欲しい」と言った時には何かしらの不安要素が残っていて、それをどう彼自身でクリアできるかがカギになります。
すぐに「No」と言われなかったからと期待するのは早すぎます。

彼からの返事を待っている間には、もし「No」と言われた時に彼に何を言うべきか考えておきます。
今復縁はできなくても良い友人として普通にラインをしたり会える関係を保てる様に、取り乱したり泣いたりせずに明るく振る舞いましょう。

終わりに

復縁への道のりは一歩ずつ確実に進んでいかなくてはなりません。
最後まで期待せずにその時にやるべきことをして結果を待つ、という気持ちが大切です。
彼も復縁したいとギラギラした気持ちでアプローチされるよりも、ずっと心の負担が軽くなります。
その結果「復縁してもいいかな」と良い結果に繋がる可能性も高いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です