真剣に復縁したい気持ちを伝えたいなら、メールはNG

投稿者: | 2016年9月29日


出典:彼氏からお別れメール、LINEに返信がない理由
メールは、とても便利なツールです。
電話しなくても、メールだけで連絡をとりあうことが出来ます。
普段、口下手な人でも「メールだったら」と言う人もいると思います。
言葉では伝えにくい時にメールで伝えるという手段もあります。
でも、本当に相手にしっかりと伝えたい場合に、メールはおすすめはしません。
なぜなら、メールで完全に気持ちを伝える事はできないからです。

なぜ、メールでは伝わらないのでしょう

メールは、文字だけです。
文字だけで、意味を理解するのはとても難しい事です。
仕事などの指示に関する内容であれば、全く問題はありません。
文字通りの意味は何も含まれないからです。

では、気持ちなどを伝える内容だったら、どうでしょうか?
例えば、「好きです」と言われた時に、
メールで「ありがとう」と返信します。
この「ありがとう」とは、どういった意味になるのでしょう。

1.ありがとう。嬉しい。
2.ありがとう。でも、ちょっと困るな…。

と言った感じで、全く反対の意味になってしまうのです。
もしかしたら、社交辞令の「ありがとう」かもしれないし、
心の底から、嬉しいと喜んでくれているのかもしれないし。

これに、表情やしぐさがついた場合は簡単に察する事ができると思います。
人が物事を読み取る時、表情55%、声の調子38%、内容7%と、
心理学でも証明されています。
それらから、わかるように言葉だけでは、わからない事が多いのです。

メールが誤解を生む事も…

1つの言葉でも、文字だけでは、色々な解釈をする事ができます。
もしも、メールだけでのやりとりでは、お互いに勘違いのまま、
物事が進んでしまう可能性もあるのです。

例えば、あなたが送ったメールに対して、
元彼が返信をくれたとします。
あなたは、返信をくれたと言う事は、復縁ができるかもしれないと期待してしまいます。
一方の元彼は、一応、付き合っていた彼女だし、
とりあえず、返信だけしておこうというような軽い気持ちでの返信だったら、どうでしょうか?

あなたは、復縁出来るかもしれないと期待が大きくなる一方、
元彼は全くそれを感じとっていないという状態になります。
そして、いざ、復縁を迫った時に、残念な結果が待ち受けているのです。

言葉やメールは文字だけなので、
読む相手にとって、都合の良い解釈となってしまいます。
だからこそ、本当に注意が必要なのです。

では、どうすればいいの?

おそらく、別れてしまった時に連絡をとる手段は、メールやLINEが大切な手段となるでしょう。
同じ会社やサークルなどにいない限りは、そんなに偶然という事はありえません。
だから、メールを上手く利用する必要があります。

別れてから初めてのきっかけづくりは、メールでも十分だと思います。
でも、このメールで一喜一憂しては、絶対にいけません。
嬉しい感じの内容であっても、そこに期待しすぎるのはNGです。
逆に、そっけない内容だったとしても、落ち込む必要もないのです。
メールをもらった時、彼は忙しかったのかもしれません。
だから、取り急ぎのメールでそっけないのかもしれません。
また、読む時に、あなたの主観が入ってしまった事で、
元彼からの嬉しい内容に思えたのかもしれません。

メールは、再会の為のきっかけづくりに留めておきましょう。
そして、あなたの気持ちをしっかりと伝える時には、
しっかりと会って、伝えて下さい。
その時の表情やしぐさで、あなたの真剣度もきちんと伝わるはずです。
そして、元彼もそれに対して、真摯な答えをしてくれるはずです。

もしも、会う事が出来ない場合は、電話でも構いません。
メールよりは、声の調子などでしっかりと伝える事ができるはずです。

終わりに

メールやLINEが、便利な時代になり、別れる時もメールという人も増えているようです。
でも、お互いの誤解で、うまくいくものが壊れてしまったり、
悲しい思いをしてしまうのも辛い事です。
大事な事は、しっかりとお互いの顔や雰囲気を見て、伝える事がベストだと思います。
もし、復縁のために気持ちを伝えようと思っているなら、しっかりと元彼の目を見て伝えて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です