復縁占いで大切な関係を取り戻しましょう

相手が大切であればあるほど、その人を失ったときの衝撃は計り知れないものでしょう。
復縁占いはそんなあなたの味方です。
あなたが1人傷つき悩んでいるのであれば、復縁占いを一度お試しください。

別れの原因を知りましょう

残念ながら大切な人と1度は別れを迎えてしまいました。
復縁のためには何が必要だと思いますか。
ただ別れるに至ったきっかけを取り除けば良いのでしょうか。
いいえ、違います。
きっかけは、単なるきっかけでしかありません。
そこに至った本当の原因は、自身では見過ごしがちなほんの小さなすれ違いだったりするのです。
復縁占いでは、あなたの本当の気持ち、相手の考えや個性、2人の関係を見直し、その根本原因に気づくことができるのです。

相手を気遣いましょう

別れの原因を知れば、後はそれを取り除かなければなりません。
しかし、ただがむしゃらに行動すれば良いのではありません。
復縁は相手あってのことですので、1人で突っ走っていては独りよがりな行動になってしまい、逆に相手を傷つけたり、遠ざけたりしてしまいます。
しかし、別れてしまったあとは相手の協力を容易に得られるものではありません。
それでは、どうすればよいのでしょうか。
そこで、復縁占いを活用してほしいのです。
占い師に相談することにより、自分以外の第三者の視点を取り入れ、相手を思いやった行動をとることができるようになるのです。

なぜ復縁占いがよいのか

2人の関係を見直すのも、第三者の視点を取り戻すのも占い師の力を借りる必要はないとお考えでしょうか。
相談するのであれば、友人、家族でも一緒ではないかとお考えでしょうか。
確かに少し異なった視点を与えてはくれるでしょうが、友人、家族ではどうしてもあなたよりの偏った意見になってしまうか、そうでなければ一般論になってしまいがちなのです。
その点、復縁占いであれば、あなたと相手のことを占い、あなたがたにあった客観的かつ俯瞰的なアドバイスを得ることができるのです。
また、復縁占いでは、運勢のバイオリズムを観ることにより、復縁の為に必要な行動やその行動を実行に移すべきタイミングを知ることもできます。
これらを知っているのと知らないのとでは、復縁の可能性が大きく変わってきます。

無料復縁占いのランキングはコチラで確認出来ます。

もし、あなたが復縁を望んでいるのであれば、1人で悩むことはやめて是非復縁占いを活用してもらいたいのです。
一度失敗をしてしまったあなたは、復縁後に同じ失敗はもうしないでしょう。
より強い絆を手に入れるためにも、復縁占いを試してみてください。

冷却期間って本当に必要? すぐに復縁した方が良いケース

復縁をしたいと思ったらまずは冷却期間を置いた方が良いと言われる理由については、多くの恋愛ノウハウで紹介されています。
お互いが冷静になって気持ちの整理をつけられる、しばらく連絡をしないことで寂しいという気持ちが強くなる、などがあります。
しかし中には冷却期間を置かずにすぐに復縁をした方が良いケースもあるのです。

自分から一方的に相手を振った場合

彼と別れる原因として、自分の方から一方的に別れを切り出した場合、彼はまだあなたのことが好きで未練を持っている可能性が高くなります。
中々別れることを納得してくれない彼に対して多少言い過ぎたと後悔するでしょうが、この時に冷却期間を置いてしまうと、彼があなたのことを早く忘れようと努力してしまうのです。
その結果他のことに夢中になったり、新しい彼女を見つけてしまい、そろそろ彼に復縁を切り出そうと思った頃には今度は彼のあなたに対する愛情が冷めてしまっている可能性があります。
自分から相手を振った場合は、なるべく早く会って相手が満足いくまで謝罪をした方が効果的です。

些細なことで大ゲンカになって別れた場合

カップルとは言え他人同士ですから、ちょっとした考え方の違いで口論になることもあります。
たまたまどちらかが精神的に不安定だった時には、いつもは気にならない様なことでもつい強い口調でけなしてしまったり、相手の言うことに対して強い怒りを覚えてしまうでしょう。
その結果思わぬ大ゲンカに発展して勢いで別れてしまうカップルも多いのです。
この場合、売り言葉に買い言葉で大ゲンカした手前、お互いすぐに謝るのは何となく気恥ずかしいと思います。
しかし意地を張っていると段々と関係のないことで相手の欠点を思い浮かべてしまい、「やっぱりあんな奴と別れて正解だった」と自分を納得させてしまいます。
ケンカ別れをした場合、どちらかが思い切って謝ると意外と相手も「こっちこそごめんね」と素直に謝れるものです。
冷却期間を置かずにプライドを捨てて素直に謝った方が早く復縁できます。

遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛の場合、ただでさえ会える機会が少なく話し合う時間が足りません。
会えない寂しさや生活の擦れ違いが原因で別れてしまうカップルも多いのですが、後悔する人も多いのです。
しかし遠距離恋愛の場合、冷却期間を置いてしまうとラインや電話で話をするきっかけも失ってしまいます。
お互いの時間は流れているので、すれ違った環境のまま過ごしていると、いつしか本当に相手がいなくても大丈夫だという気持ちになってしまうのです。
遠距離恋愛こそ常に二人の心が寄り添っていることが大切ですので、復縁をしたいと思ったらすぐにでも会いに行く位の勇気を持ちましょう。
参考:遠距離恋愛完全マニュアル

周囲に反対された場合

恋愛は自分達が好きならば人は関係ないものですが、ある程度付き合いが長くなり結婚も視野に入れる様になると、周囲にも知らせる必要があります。
特に親が相手が気に入らないからと反対するので別れざるおえなくなったというカップルもいます。
しかし良く考えると当人同士は好き合っているのですから、反対する理由に納得がいかなければ別れる必要はありません。
冷却期間を置いてしまうと相手もそんな親と親戚同士にならなくて良かったと諦めて、他の相手を探し始めます。
自分が本当に相手のことが好きならば、時間を置かずに復縁を切り出すべきなのです。

終わりに

冷却期間を置けば必ず復縁ができるというものではなく、あくまで復縁に向けて自分が準備をする目的で時間を取るものです。
お互いが特に気持ちの整理をつける必要がない場合には、早めに復縁行動を取った方が成功し易いのです。
彼の性格を一番良く知っているのはあなたですから、一般論に振り回されずに別れた時の状況により判断しましょう。